お金を借りる 専業主婦

専業主婦でもお金を借りることはできる!

  • 専業主婦はお金を借りることなんかできない
  • キャッシングの申込はできても収入のない専業主婦なんか審査に通るはずがない

 

なんて思っていませんか?

 

確かにほぼ全ての消費者金融では総量規制の関係もあり収入のない専業主婦は申込不可になっています。銀行のカードローンでは審査は可能なものの収入のある配偶者の審査をしなければなりませんし、それでも配偶者に十分な与信がないと厳しい審査になると考えられます。

 

しかも旦那の会社に在籍の確認の電話も掛かったりしますので迷惑が掛かりますし、だいいち旦那にバレずに借りたいのに一発でばれてしまうという事態になります。しかし、

 

借入枠を小額に限定した銀行カードローンなら専業主婦でも申込めます!

 

収入証明書の提出の必要もありませんし、在籍確認もありませんので旦那にもバレずにキャッシングできるのです。
借入枠を小額に限定した専業主婦専用銀行カードローン

みずほMy Wing「わたし応援ローン」

年利 9.0%〜14.0%  限度額 10〜200万

 

 

イオン銀行カードローンBIG

年利 3.8%〜13.8%  最高限度額 800万円
専業主婦借入枠年利 13.8%  最高限度額 50万円

 

 

セブン銀行カードローン

年利 15%  限度額 10万・30万・50万のいずれか

 

 

パートなどで定期的収入があればスピード融資のキャッシングも申込める

プロミス 【SMBCコンシューマーファイナンス】


プロミス

実質年率 年4.5%〜17.8% 借入限度額 最高500万円

 

 

アコム 【三菱UFJフィナンシャルグループ】

金利 年4.7%〜18.0% 借入限度額 最高500万円

 

 

仕事をしていない専業主婦でもお金を借りることはできますか?

専業主婦とは、通常の場合パートやアルバイトといった仕事をしておらず個人的に収入を得ていない人をいいます。収入がない状態でお金を借りることができるのか?

 

基本的にはお金を借りるためには収入を得ているということが前提となり、その収入源の確認の為にお金を借りる 在籍確認があるのです。ただしそれは消費者金融を利用してお金を借りる場合です。

 

アコムやプロミスといった消費者金融業者はスピーディーな審査と利便性の高さが大きなメリットとなっていますが、こうしたところからお金を借りるためには個人的に収入を得ていないと利用ができません。

 

そう、仕事をしていない専業主婦の場合は消費者金融からお金を借りることができないのです。

 

では専業主婦の人がお金を借りるにはどうすれば良いのかといえば、方法としては消費者金融ではなく銀行のカードローンを利用するといった方法になります。

 

専業主婦の人が銀行のカードローンを利用してお金を借りる場合の要件となるのが、配偶者の収入です。

 

消費者金融では申し込んできた人本人の状況を確認して融資可能かどうかを判断するのに対し、銀行では本人に加えて配偶者の人の状況も含めて融資可能かどうかを確認しています。

 

つまり、自身が仕事をしていない専業主婦であっても配偶者に一定の収入があればその人の収入をもとに銀行でお金を借りることができるのです。

 

もちろんお金を借りるにあたって配偶者の人が審査対象となりますので、その人の経歴などに問題があればもちろん融資が受けられない可能性は十分にあります。

 

また、もうひとつの注意点としては、銀行でお金を借りることができたとしてもそれほど多くの金額を借りることはできないという点です。

 

もっとも、これについてはもともと個人的な収入を得ているわけではないのであまりたくさんのお金を借りるとなると返済が大変になりますので、その意味では逆に借りすぎない方が良いかもしれません。

 

なお、利用の前には念のため配偶者の人に相談して同意を得ておくと手続きがスムーズに進みます。